八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登野城の大胴・小胴 14日に春日大社奉納へ

右から大胴の新城浩健さんと上地宏典さん、太鼓の小波本康夫さんと平田直彦さん、小胴の新城貞美さんと新城弘康さん=10日夜、登野城公民館

右から大胴の新城浩健さんと上地宏典さん、太鼓の小波本康夫さんと平田直彦さん、小胴の新城貞美さんと新城弘康さん=10日夜、登野城公民館

能楽の発祥地で初上演も 保存会の新城会長ら6人 「大変光栄」と意気込む

 石垣市登野城の「大胴(うーどぅ)・小胴(くぅーどぅ)・太鼓の段のもの」が14日午前11時から、奈良市の春日大社で執り行われる第60次式年造替(しきねんぞうたい)の祝奉行事で奉納される。能囃子(ばやし)が江戸時代に伝わったとされる伝統芸能。能楽のルーツの地、奈良で初めて上演されることになり、保存会(新城浩健会長)の6人は「一生懸命頑張る」と意気込んでいる。

 能楽は、奈良で生まれて650年。徳川幕府の式楽に制定されたことで全国に広がり、北は東北、南は八重山にまで伝わった。

 登野城の能囃子は、大胴(大鼓)、小胴(小鼓)に太鼓が加わった3楽器で演奏するもので、市の無形民俗文化財に指定されている。

 春日神社での奉納は、能楽大倉流小鼓方十六世宗家で「大鼓・小鼓」の伝承を支援する大倉源次郎さんが「北に伝わった能楽とともに南の能楽文化も」と働きかけ、琉球王家の尚圭子氏の協力で実現することに。東北に伝わった能楽は13日、山形県鶴岡市・春日神社の国重要無形民俗文化財「黒川能」が奉納される。

 登野城から出演するのは大胴の新城会長(68)、小胴の新城貞美さん(62)、太鼓の小波本康夫さん(64)の伝承者3人と、上地宏典さん(30)、新城弘康さん(45)、平田直彦さん(30)の後継者3人。

 新城会長は「初めて能楽の発祥地で上演するのではりきっている」、平田さんは「60次の記念というすごい巡り合わせと感じており、大変光栄に思っている。一生懸命頑張りたい」と話している。

  • タグ: 登野城大胴・小胴春日大社
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム