八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島天文台が10周年 一般公開から10万人利用

石垣島天文台設立10周年記念式典で、星空環境保護活動貢献者として表彰された団体の代表ら=4日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

石垣島天文台設立10周年記念式典で、星空環境保護活動貢献者として表彰された団体の代表ら=4日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

石垣島天文台ロゴマーク(左)と、デザイン最優秀賞の上田健太郎・恵さん夫妻=4日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

記念式典 今後の有効活用期待 運営協力の5団体に感謝状

 石垣島天文台は2006年3月の設立、同年4月の一般公開から10周年を迎え、記念事業実行委員会(代表・中山義隆石垣市長)が4日、市内ホテルで記念式典を開いた。出席者がこれまでの歩みを振り返りつつ、今後の発展に期待を寄せた。天文台は観測研究、天文学の普及啓発、地域振興などを目的に、九州・沖縄最大の口径105㌢の光赤外線望遠鏡「むりかぶし」を備える本格的な天文台として、石垣市と共同で建設された。これまで10万人の利用がある。

 国立天文台、石垣市、市教委、NPO法人八重山星の会、県立石垣青少年の家、国立大学法人琉球大学の6者で構成する協議会が運営している。

 中山市長はあいさつで「今後も市民の生涯学習を推進するとともに観光客に魅力を発信していきたい」と決意新た。知念辰憲議長、砂川利勝県議が祝辞を述べた。

 式典では、光害の防止など星空環境保護活動に貢献したとして竹富町、ホテル日航八重山、星のや竹富島、石垣島ビーチホテルサンシャインを表彰した。

 この後の祝賀会は国立天文台が主催し、林正彦台長が「地元の観光、教育にも役立っていると聞いて喜んでいる。市民の皆さんに愛される天文台と自負しており、今後もぜひ発展させていきたい」と述べた。

 運営に協力する石垣市など5団体に感謝状も贈った。

■最優秀賞に上田さん夫婦 

 天文台ロゴマークデザイン

 石垣島天文台設立10周年記念事業実行委員会は4日、市内ホテルで開いた記念式典で石垣島天文台ロゴマークデザインの入賞者を発表し、最優秀賞に選ばれた上田健太郎(40)・恵(41)さん夫妻=名古屋市=を表彰した。(株)ビクセンから望遠鏡が贈られた。

 デザインは、上田さん夫妻の作品に一部修正を加えて誕生した。天文台の建物と南十字星、むりかぶし(すばる)を中心にしつつ、南国の島の特徴をハイビスカスの花や波で表現。ミンサー柄を配し、「いつまでも愛され続けますように」との願いを込めた。

 星好きの健太郎さんが、天文台のホームページで情報を入手して応募。「むりかぶしだけでなく、南十字星を入れることで、石垣島にある天文台だということを分かるようにした」とイメージを紙に書き、恵さんがパソコンで仕上げた。

 2人とも初来島。恵さんは「選ばれなくても一度は来たいと思っていた。すごくうれしい」と大喜び。健太郎さんは「デザインが地元に受け入れられてうれしい、石垣島を近くに感じる」と話した。

 デザイン募集には、北は弘前市から南は石垣島まで41人から97点が寄せられた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム