八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

船舶に焦点 平和考える あすから戦争企画展

八重山平和祈念館の企画展「沖縄の戦時船舶と尖閣列島戦時遭難事件」に向け準備が進む同館第2展示室=27日午後

八重山平和祈念館の企画展「沖縄の戦時船舶と尖閣列島戦時遭難事件」に向け準備が進む同館第2展示室=27日午後

平和祈念館

 八重山平和祈念館(名城政広館長)が企画するパネル展「沖縄の戦時船舶と尖閣列島戦時遭難事件」が29日から同館第2展示室で始まる。八重山の各島々を結ぶ重要な役割を持ち、戦時下では戦闘の一端を担ってきた「船舶」に初めて焦点を当て、その背景から平和についての考えを深めてもらおうというもの。入場は無料。11月27日まで開かれる。

 毎年6月と11月に開かれている企画展の一つ。第1部「戦前・戦中・戦後の船舶」、第2部「沖縄近海で犠牲になった戦時遭難船舶」、第3部「尖閣列島戦時遭難事件」の全3部で構成する。

 攻撃を受ける貨物船の様子や出征兵士を見送る港の風景、石垣港の木造桟橋、市内で船の部品を製造していた鉄工所などの写真や資料、当時の新聞記事など約180点を展示する。

 同事件で被害に遭った疎開船を含め、県内の戦時遭難船舶は26隻あり、「対馬丸事件」についても紹介する。

 同館主査の川上剛司さんは「広い世代に理解しやすい内容の展示になっている」と述べ、多数の来場を呼び掛けている。

 開館時間は午前9時から午後5時。月曜日は休館。

地図
  • タグ: 八重山平和祈念館沖縄の戦時船舶と尖閣列島戦時遭難事件
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム