八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表島農業青年クラブ設立 会長に横目英寿さん就任

地域産業の発展を目指し設立された「西表島農業青年クラブ」の会員たち=24日夜、大富公民館(八重山農林水産振興センター農業改良普及課提供)

地域産業の発展を目指し設立された「西表島農業青年クラブ」の会員たち=24日夜、大富公民館(八重山農林水産振興センター農業改良普及課提供)

畜産など40歳以下 農家12人が発展目指す

 西表島の若い農家が連携し、産業の発展を目指す団体「西表島農業青年クラブ」が設立した。24日夜に大富公民館で設立総会を開き、承認された。サトウキビやマンゴー、パイナップル、畜産などを営む40代以下の若い農家12人を会員に畜産農家の横目英寿さん(37)が会長に就いた。西表では、以前、農業クラブがあったが活動が途絶えており、今回約10年ぶりに復活した。横目さんは「畜産を含め、西表の主要な作物以外にも視野を広げていきたい」と抱負を語った。

 同クラブは、地域産業発展に向け、農業に関する新しい知識と技術の習得などに取り組む団体。全国各地にあり、西表は郡内で4団体目。黒島や石垣の活動の様子を聞いていた西表の農家が必要性を感じ、立ち上げを決めた。

 郡内の4団体の活動は、八重山地区農業青年クラブ連絡協議会(仲嵩秀文会長)がまとめている。県とも連携しながら身近な課題や問題の解決に向けたプロジェクト活動、各団体との情報交換、県外団体への視察研修などを行っている。

 横目さんは「新たな作物の発見など西表には可能性がある。他の団体とも交流し、勉強しながら頑張っていきたい。盛り上がっている農家の姿を地域に見せていきたい」と意欲を示した。

 総会では、規約や活動計画、役員案などを承認。本年度は、県青年農業者会議、ことし創立10周年を迎える黒島農業青年クラブの記念式典への参加などを計画している。

 また、総会では、同席した関係者からも激励のあいさつが寄せられ、懇親会も開いた。

  • タグ: 西表島農業青年クラブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム