八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工が50周年の体育祭 全生徒で伝統エイサー披露

3年に1度の体育祭で全生徒が演舞するエイサー=23日午後、八重山商工運動場

3年に1度の体育祭で全生徒が演舞するエイサー=23日午後、八重山商工運動場

 八重山商工高校(真栄田義功校長、生徒384人)の第16回体育祭が23日、同校運動場で開催された。3年に1度行われる三大行事の一つ。ことしは学校創立50年の節目とも重なり、盛り上がりをみせた。

 テーマは「輝け50周年 しよう団結 残そう伝説 あちらせ 商工魂」。リレーや棒倒し、障害物競走、PTAの綱引き、津梁会の期別リレー、職域リレーなどの種目で爽やかな汗を流した。

 体育祭の伝統となっているエイサーでは、全生徒が一糸乱れぬ演舞を披露。運動場を囲む大勢の観衆から惜しみない拍手が送られた。真栄田校長、教職員手作りの「友愛津梁」の旗頭が会場を彩った。

 真栄田校長は「生徒たちが自主的に行動し、楽しんでいる体育祭。3年に1度しか体験できない行事なので気合も入っている」とたたえた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム