八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

リゾ婚に八重山伝統 神司、自然とともに「誓い」見守り

セレモニー後、神司の荻堂久子さん(右)から祝福を受ける小田寛・菜美さん夫妻=24日午前、フサキリゾートヴィレッジ

セレモニー後、神司の荻堂久子さん(右)から祝福を受ける小田寛・菜美さん夫妻=24日午前、フサキリゾートヴィレッジ

来年1月販売予定 アルルが新商品

 石垣島のリゾートウエディングに、神司が挙式を執り行う新たなスタイルが誕生した。八重山の伝統を取り入れたフォトウエディングなどを手がける(有)アルル(仲筋正和代表取締役)=真栄里=が2014年2月に経済産業省の地域資源活用事業の認定を受け、開発を進めてきたもの。独立行政法人中小企業基盤整備機構沖縄事務所が支援した。伝統を敬い、重んじる「石垣島自然式 美ら結」として来年1月から販売を開始する予定だ。24日午前、新川のフサキリゾートヴィレッジで完成披露会を行った。今後、さらに商品に磨きをかけ、地元の事業者との連携を深めていく考えだ。

 県内のリゾートウエディングは昨年1年間で1万4175組の過去最高を記録。沖縄リゾートウエディング協会に加盟するアルルによると、石垣島では900組以上が挙げている。

 今回開発したウエディング商品は、神司が先導役となって挙式を執り行い、カップルが永遠の愛を誓って母なる海に届けるスタイル。既婚者や恋人同士など幅広く利用できるのが特徴となっており、沖縄事務所は「石垣島の伝統を取り入れた、これまでにない新たな挙式スタイル。石垣島の認知度を高めることが期待される」としている。

 挙式を執り行う神司は、平得の大阿母御嶽(ホールザーオン)の荻堂久子さん(72)。「命を育んでくれた海、神、自然への感謝が深まれば」と引き受けた。

 セレモニーでは「弥勒節」を歌ってカップルを迎え、「聖なる水」として海からくみ上げた水を清め、愛を誓ってもらった。宣誓書を読み上げた後、「かたみ節」を歌い、2人の絆とこれからの未来を祝福。海に案内し、祈りをささげた。

 今年7月に入籍し、家族・社員旅行で来島した小田寛さん(42)、菜美さん(38)=広島市=が挙式に協力。寛さんは「神司に手をにぎってもらったとき自然とつながったと感じ、心地よかった」「自然のパワーをいただいた。刺激的で神秘的な感じだった」と感激した様子。

 仲筋代表は「セレモニー以外の宿泊、パーティー、飲食、工芸品などで島の業者と連携し、魅力ある商品に発展させていきたい」と話している。

  • タグ: リゾートウエディング神司
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム