八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ANA、羽田石垣線で座席数拡大

羽田-石垣路線に投入され、初めて南ぬ島石垣空港に到着したANAの最新鋭中型機、ボーイング787-9(手前)=22日午前、同空港

羽田-石垣路線に投入され、初めて南ぬ島石垣空港に到着したANAの最新鋭中型機、ボーイング787-9(手前)=22日午前、同空港

最新鋭787—9型機が初就航

 全日本空輸㈱(ANA)は22日午前、国内で初めて導入した最新鋭の中型機、ボーイング787—9型機(座席数395席)を羽田—石垣路線に初就航させた。

 同機は、787—8型機の胴体を延長したモデルで、同8型機から座席・貨物ともに約1.2倍拡大。燃費性能も23%向上するなど高い運航性能を備えている。

 機内は新テクノロジーの採用で客室内湿度や耳への気圧負担を軽減、窓の大きさを広くするなど快適性もアップした。座席はプレミアムクラス18席、普通席377席となっている。

 ANAによると、羽田—石垣路線の通年搭乗率は約85%と高率で、同機を投入することで高い需要に対応し、利便性の向上と冬場の集客につなげる狙い。

 同路線への本格的な投入は11月以降に予定され、利用客の多い週末のダイヤに組み込む。

 ANA石垣支店の菅隆宏支店長は「東京から石垣便の予約が取れなくて那覇経由で来島するケースが多い。機材を1タイプ大きくして利便性を高めたい」とし、観光客が落ち込む冬場の機材大型化には「年末年始も控えるほか、引き続き需要はあるので問題はないとみている」と期待した。

  • タグ: ANAボーイング787-9
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム