八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

珍しい「月虹」撮影

天文台の花山秀和研究員が撮影した「月虹」。アーチ状の月虹が二重に見える=16日午後8時50分ごろ(石垣島天文台提供)

天文台の花山秀和研究員が撮影した「月虹」。アーチ状の月虹が二重に見える=16日午後8時50分ごろ(石垣島天文台提供)

石垣島天文台

 石垣島天文台(宮地竹史所長)は16日夜、月の光がつくる珍しい「月虹(げっこう)」を撮影した。

 前勢岳山頂にある空の状態を監視する同天文台のスカイモニターカメラが、午後7時6分から15分ほど、竹富島、小浜島の上空に大きな弧を描く虹を捉えた。

 月虹は、月の光が大気中の水滴で屈折して虹となって見える現象。肉眼では色が薄く、白く見えるが、午後8時50分頃に、七色に薄く輝くアーチ状の虹が見られた。

 月虹は、ハワイでは、「ムーンボー」「ナイトレインボー」と呼ばれ、「幸せを招く」といわれている。

 東日本大震災翌年の2012年1月7日にも見られた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム