八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

過去最高の77万2千円余 素牛不足で高値傾向

30602.png

八重山家畜市場子牛平均価格 最高値は繁殖用の約108万円

 八重山家畜市場の10月セリが13、14の両日行われ、子牛の平均価格は77万2390円となり、9月の黒島家畜市場での平均価格77万1441円を超え、過去最高を記録した。全国的な素牛不足で高値傾向が続いているが、関係者によると、年末年始は需要が高まるため、セリ値がさらに上昇する可能性があるという。

 10月セリでは618頭が取引され、総売り上げは4億7733万円。最高価格は雄が106万560円で父・北福波、祖父・百合茂の系統、雌は108万4320円で父・芳之国、祖父・安福久だった。雌は繁殖用として購入された。

 八重山、黒島両市場はことし1月、68万円、70万円のセリ値をつけてスタート。7月に落ち込んだが、両市場ともその後、70万円台に乗った。

 八重山では10月までのセリで6794頭、奇数月にセリを行う黒島では9月までに638頭が取引され、売上総額はそれぞれ48億2555万円、4億6476万円に達している。最高価格は八重山で141万円(雌)、黒島で107万円(雄)。

 今後も続くとみられている高値傾向に繁殖農家の一人は「東京オリンピックまでは続くのではないか」と話す。別の農家は「これだけ高いと、市の補助があっても肥育に回す牛が少なくなるのではないか」と懸念も示した。

  • タグ: 八重山家畜市場10月セリ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム