八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

盛大にカジマヤー祝い 花原マツルさん

カジマヤー祝いで盛大な祝福を受けた花原マツルさん(中央)=9日午前、西表大原

カジマヤー祝いで盛大な祝福を受けた花原マツルさん(中央)=9日午前、西表大原

大原で5年ぶり

 【西表】数え97歳になる花原マツルさん=大原=のカジマヤー祝いが9日、集落内で盛大に行われた。大原では5年ぶり。マツルさんは元気な歌声も披露し、大勢の地域住民から温かい拍手を受けた。盛大な祝福に「ありがたいね」と笑顔をみせていた。

 マツルさんは、自宅での祝宴で「あがろうざ節」を歌った後、豪華に飾り付けられたトラックの荷台に乗って集落内をパレード。大原小学校の鼓笛隊の演奏が響く中、住民から「おめでとう」と声をかけられると、手を振って応えていた。

 祝宴では勇壮な獅子舞や旗頭も登場。パレード後には離島振興総合センターで祝賀会が開かれた。

 「ツルおばあ」と呼び親しまれているマツルさんは1941年、新城島から開拓移民として西表に入植。59歳で他界した夫の安祐さんと農業を営みながら2男6女を育てた。

 健康の秘訣(ひけつ)は、好き嫌いなく何でも食べること。趣味はカラオケで、民謡から流行歌、演歌までレパートリーは幅広い。「食べ物は何でも食べるし、コーヒーも飲んでいる。歌うことが楽しい。何か集まりがあれば歌っている」と話す。

 三女の通事賀代子さん(68)は「母は人に優しく好かれる性格。一日一日を健康で過ごしてもらいたい」と願い、お祝いに駆けつけた西大舛髙旬町長は「島で最大の誇り。町民がお年寄りに畏敬の念を持つ環境をつくっていきたいし、大事にしていきたい」と話した。

  • タグ: カジマヤー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム