八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

多彩な芸能で観客魅了 9団体出演

第30回記念青年文化発表会で奉納太鼓を披露するいしゃなぎら青年会=8日夜、市民会館大ホール

第30回記念青年文化発表会で奉納太鼓を披露するいしゃなぎら青年会=8日夜、市民会館大ホール

市青年団協の文化発表会

 「縁ぬ世や結ば」をテーマにした石垣市青年団協議会(大濵俊晴会長)の第30回記念青年文化発表会が8日夕、石垣市民会館大ホールであり、友情出演も含めた9団体の出演者約200人が伝統芸能や舞踊、狂言など多彩な演目を披露して観衆を魅了した。

 発表会は前身の青年芸能祭、青年文化フェスティバルの後、1987年から市民会館に会場を移して開かれて以来、30回目。

 発表会は2部構成で行われ、1部は同協議会役員と各青年会長による「鷲ぬ鳥節」で幕開け。大浜青年会の「魚釣さー」、宮良青年会の創作舞踊、いしゃなぎら青年会の奉納太鼓などが続いた。

 2部は同協議会の歴代会長による満月太鼓ばやしでオープニング。平得青年会の棒術、双葉青年会のエイサーなどが舞台を飾った。

 友情出演の南城市玉城前川青年会は同市指定無形民俗文化財の「アヤグ」を披露。独特な動きが来場者の関心を引いた。

 登野城青年会の狂言と白保青年会の稲の一生には水牛が登場し、コミカルな動きに会場は笑いに包まれた。

 最後はことし8月21日に北谷町で開かれた第51回沖縄青年ふるさとエイサー祭りで披露した演目「縁ぬ世や結ば」を青年たちがダイナミックに繰り広げ、モーヤーでフィナーレを飾った。

 
  • タグ: 青年文化発表会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム