八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

道の駅香港で試験販売へ 特産品の海外雄飛狙う

石垣市が特産品の海外販路開拓に向けて商品の販売を予定している香港西灣河(サイワンホー)にある「道の駅香港」=同店フェイスブックより

石垣市が特産品の海外販路開拓に向けて商品の販売を予定している香港西灣河(サイワンホー)にある「道の駅香港」=同店フェイスブックより

石垣市 来年1月から3カ月間 地元業者を一般公募

 石垣市が海外で特産品の販路を開拓しようと、香港・西灣河(サイワンホー)で日本の食材や商品を扱うアンテナショップ「道の駅香港」で試験販売を計画していることが分かった。商工振興課によると、期間は来年1月から3カ月間。ショップに石垣島コーナーを設け、現地での商品ニーズや流通経路など市場調査を行い、継続販売につなげていく考え。市は7日から現地に担当職員を派遣しており、店側と調整を行い、年内に試験販売する地元業者を一般公募・選定する予定だ。

 市は、香港エクスプレスが香港-石垣路線を開設しているつながりを生かし、試験販売を計画した。

 同店は富裕層を多く抱える住宅街にことし7月にオープン。立地エリアは過去10年間で日本人や韓国人の居住者が増加しており、同課によると、日本の特産品需要は高く、訪日客が伸びている香港人の消費も高いと分析している。

 一方、小規模零細企業が多い地元業者が特産品を島外や海外などで販売する場合、輸送コストや販売手数料、商品ストックやスタッフの人件費などが課題となるため、市は一括交付金を活用して業者の負担軽減を図る。

 西銘基恭課長補佐は「課題は多いが、石垣島の特産品をプロモーションすることで、地元業者のビジネスのチャンスやきっかけを生み出したい。香港エクスプレス社と連携した貨物輸送も検討したい」と話している。

  • タグ: 道の駅香港石垣市香港西灣河(サイワンホー)
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム