八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地域創生へ学府と連携 雇用創出・若者定着目指す

地域における雇用創出・若者定着に係る協定をPRする琉大の大城肇学長(左)、名桜大の山里勝己学長(右)、中山市長=4日午後、庁議室

地域における雇用創出・若者定着に係る協定をPRする琉大の大城肇学長(左)、名桜大の山里勝己学長(右)、中山市長=4日午後、庁議室

石垣市 琉大、名桜大と協定

 石垣市(中山義隆市長)と琉球大学(大城肇学長)、名桜大学(山里勝己学長)は4日、雇用創出・若者定着の推進を図ることを目的とする協定書を締結した。期間は2020年3月末。両大学からのインターンシップ(就業体験)受け入れを年間5人以上、市内の民間企業に就職する両大新卒者を毎年2人以上、協定期間中の卒業生の起業・創業を3件以上とする目標を設定している。

 文科省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC+)に採択された両大のプログラム「未来叶い(ミライカナイ)」と、市の地域創生総合戦略を推進するための協定。

 両大は離島の宮古島市、久米島町などを重点地域と位置づけており、石垣島との協定が第1号となる。本年度内で計11市町村と協定を結び、各地域の実情などに応じた目標を設定する考え。

 市と両大は今後、地域の課題、雇用関連の情報について共有するほか、教育・人材育成、既存産業の活性化と新産業の創出に向けた取り組みなどについて連携する。

 大学側では、地域特性を理解してもらうための科目の選択必修化、フィールドワークやインターンシップ(就業体験)の実施、企業の寄付講座の開講などを通して、学生に地域の実情、課題、取り組みなどを学んでもらう。

 大城学長は「学生に石垣島の産業を知ってもらい地域の企業をPRすること、企業に求人活動をしてもらうことなど、マッチングが課題になる」と指摘する。

 市役所庁議室で行われた締結式で中山市長は「学生が石垣市で学んだことを地域に生かしてもらいたい。大学の学術的な知恵を生かしたまちづくりに取り組みたい」と期待した。

 大城学長は「石垣市の地域総合戦略がいっそう進むことを期待する。元気のある石垣島からモデル事業が展開できれば」、山里学長は「3者で力を合わせ、未来への希望がかなうようしっかり取り組みたい」とそれぞれ話した。

  • タグ: 雇用創出・若者定着石垣市琉球大学名桜大学
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム