八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

なごみの塔が老朽化で閉鎖 再開見通し立たず

老朽化で危険性があるとして階段が閉鎖された「なごみの塔」=21日

老朽化で危険性があるとして階段が閉鎖された「なごみの塔」=21日

竹富島 観光客登れず「残念」

 【竹富】国の登録有形文化財に指定されている名所「なごみの塔」が老朽化のため20日から閉鎖され、利用できなくなっている。

 塔は1953年に建築され、今年で63年がたつ。当初は放送施設として使用されたが、今では町並み保存地区の集落を眺望できる観光スポット。年間に数万人の観光客が利用してきた。

 塔を訪れた観光客は「塔に登るのを楽しみに来たのに」と残念そう。撮影にきていた東京のテレビ局のカメラマンも「町並みの絶景ポイントがなくなり、困った」と嘆いた。

 竹富公民館(上勢頭篤館長)は、塔の老朽化について文化庁や竹富町に相談しているが、修理や再開の見通しは立っておらず、住民からは利用禁止の長期化を懸念する声も上がっている。

 上勢頭館長は「構造のモルタルが剥離、鉄筋も腐食し、ひび割れも多い。このままでは事故につながる危険性もある。観光客には申し訳ないが、安全を優先して階段を閉鎖した」と理解を求めている。(三浦彰徳通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム