八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「優勝を目指し頑張る」 全国離島交流中学生野球大会

「今年は優勝を」と目標を掲げる石垣市選抜チーム

「今年は優勝を」と目標を掲げる石垣市選抜チーム

「まずは初戦突破を」と意気込む竹富町選抜チーム

八重山から2チーム出場

 島根県隠岐の島町で23日開幕の「国土交通大臣杯・第9回全国離島交流中学生野球大会」(同実行委員会主催)に、八重山から出場する石垣市選抜の石垣島ぱいーぐるズ(兼松良明監督、田本諒主将、計20人)、竹富町選抜の西表ヤマネコ・ティダボーイズ(稲嶺盛一郎監督、西大舛壱里主将、計13人)の両チームが21日午後、南ぬ島石垣空港から空路現地に向かった。

 全国23離島市町村から出場する大会は22日に開会セレモニーで組み合わせ抽選会が行われ、23日に開幕、25日に決勝戦が行われる。

 石垣市選抜は過去2回の大会で8強、竹富町選抜は初出場の前回大会で1回戦敗退しており、それぞれ優勝、初戦突破を目標にしている。

 市選抜の田本主将、町選抜の西大舛主将は出発前、「過去2回の出場でまだ優勝していないが、今回は初優勝を目指して頑張りたい」、「去年は1回戦で負けているので、今年はまず1勝。目の前の試合を勝ち抜いていきたい」と抱負を語った。

 町選抜は同日午前、石垣港離島ターミナルで出発式を行い、川満栄長町長から「百聞は一見にしかず。頑張って」と激励を受けた。

 市選抜は石垣空港で出発式を行い、父母から「今年は石垣中、石垣第二中が全国大会に出場しており、優勝を期待している」とエールを受けた。

  • タグ: 全国離島交流中学生野球大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム