八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島挙げてムシャーマ 郷友や観光客多数来島

ミルクを先頭に祭り会場に向かう東組の道サネー=16日午前、波照間島

ミルクを先頭に祭り会場に向かう東組の道サネー=16日午前、波照間島

旧盆恒例行事 住民総出で「道サネー」

 【波照間】豊作豊漁祈願と先祖供養を目的に毎年、旧盆の中日に行われる波照間島の「ムシャーマ」が16日、波照間公民館を主会場に開かれ、三つの組の住民らがミルクや踊り、狂言、獅子舞などを披露。天候にも恵まれ、会場には地域住民や郷友、観光客ら多数が詰め掛け、島は終日盛り上がった。

 行列は午前9時過ぎに前、西、東の各組がミルクを先頭に祭り主会場の公民館まで練り歩く「道サネー」(仮装行列)からスタート。

 会場に到着すると、各組が棒や太鼓を披露。引き続き参加者や公民館役員らが大きな輪を作り、ニンブチャー(念仏踊り)を踊った。

 午後からは、前、西、東の順で、公民館広場特設舞台で、八重山舞踊や狂言などを演じた。

 前組の「一番コンギ(狂言)」では、上から命令された農作業の風景を面白おかしく表現。複数の男たちが波照間方言を話しながら滑稽な動きをみせると、来賓席から声援が飛ぶなど、会場を沸かせた。

 この後は、広場で獅子棒、獅子舞が演じられ、午後4時過ぎに各組が帰りの「道サネー」を行った。

 石垣在波照間郷友会の島尻正矩(まさのり)会長は「ムシャーマは波照間島最大のイベントで、私たちが連帯するよい機会」と話した。

 東迎一博公民館長は、この日の明け方や舞台発表前に降ったにわか雨に触れ、「恵みをもたらすゆがふ雨で、(ことしは少雨傾向なので)先祖に思いが通じたのでは」と喜んだ。

  • タグ: ムシャーマ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム