八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山署(前田達史署長)がまとめた…

 八重山署(前田達史署長)がまとめたことし上半期(1〜6月)の少年補導件数が449件と前年同期より23件増えているという。一昨年の699件を大幅に下回るが、かなりの件数だ。市民ボランティアなども街頭指導に当たっているが、なかなか減らないのが現状のようだ▼内訳は深夜はいかい213件(全体の47.4%)、喫煙200件(同44.5%)、飲酒29件(6.5%)など。深夜はいかいと喫煙で全体の92%を占めている▼ことしの特徴は学校に通う児童生徒を、中学卒業後、仕事に就いた有職少年が上回ったこと。仕事に就くことで、自身が「大人」になったと勘違いするのだろうか。周りの大人がたしなめることが必要だ▼深夜はいかい防止には親の「在宅確認」が不可欠。わが子が夜、家に居るのか、しっかり確認する必要があろう▼未成年者は店舗や自動販売機でたばこを購入することはできない。それでも喫煙で200件もの補導者が出ていることを考えると、自宅もしくは大人から入手していることが考えられる。いずれにしろ大人の管理責任は大きい▼7月中旬から児童生徒は夏休みに入っている。休みの解放感から気が緩むことが心配だ。残り20日間、子どもたちが非行に走らないよう、周囲の大人たち、地域の厳しい目が必要だ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム