八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

集落の無病息災を願う ミーラク行列や多彩な芸能奉納

黒島公民館の豊年祭。豊穣への願い「ユー」が詰まった船を陸上に引き揚げる「ユー揚げ」=24日午後、宮里海岸

黒島公民館の豊年祭。豊穣への願い「ユー」が詰まった船を陸上に引き揚げる「ユー揚げ」=24日午後、宮里海岸

黒島の豊年祭

 【黒島】ことしの豊作に感謝し、来年世(ヤイネユー)の五穀豊穣(ほうじょう)や各集落の無病息災を願う黒島公民館(玉代勢肇館長)の豊年祭が24日、宮里海岸で行われた。午前と午後に集落対抗で行うパーレー(爬龍船)競漕(きょうそう)は宮里村と東筋村がそれぞれ勝利した。「ミーラク」(ミルク)行列や多彩な芸能が次々と奉納され、最後は豊穣への願い「ユー」が詰まった船を陸上に引き揚げる「ユー揚げ」を行い、会場は地域住民や観光客など大勢の人で活気にあふれた。

 パーレー競漕は、ウーニ(走り手)が浜辺にいる長老から激励を受ける「杯取らし」を行ったあと、走って爬龍船に乗り込み、沖にあるデイゴで作った「フキ」を取って折り返してくる競漕。フキを取って戻った後はウーニが爬龍船から飛び出し浅瀬を長老の元へ全力疾走し、先に着いた方が勝ちとなる。

 ウーニは、各村から選抜された花形。午前の競漕で勝利した宮里村は3年連続の勝利となり、ウーニを務めた亀田和成さん(36)は「こぎ手の息が合っていた」と勝因を語り、「会場は人工物がなく、八重山で一番美しい豊年祭。この環境で今後も続けていければ」と話した。

 「ユー揚げ」では、集落の青年たちが爬龍船を担ぎながら「ヘンザユイサ」という掛け声とともに陸上へと引き揚げた。

 午前には、宮里村と仲本村の爬龍船で海上から両村の御嶽に向かい、ことしの豊作に感謝する「朝漕い」(アサクイ)があり、玉代勢館長のあいさつなどと続いた。午後の奉納舞踊は「ミーラク」や「ハディクマイ」が次々と披露された。

  • タグ: 豊年祭黒島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム