八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

吉川・髙嶺組 個人制す 女子川平、団体は準V

女子個人で優勝した吉川小百合と髙嶺心萌(前列左から)と準優勝の川平女子の鈴木音羽、髙嶺愛、仲本こころ(後列左から)=24日夜、南ぬ島石垣空港

女子個人で優勝した吉川小百合と髙嶺心萌(前列左から)と準優勝の川平女子の鈴木音羽、髙嶺愛、仲本こころ(後列左から)=24日夜、南ぬ島石垣空港

一丸で九州切符獲得 県中学総体ソフトテニス

 【沖縄市】第58回県中学校ソフトテニス競技大会(県中体連、県教育委員会主催)が22日から3日間、県総合運動公園庭球場で開催され、個人女子で川平の吉川小百合(2年)・髙嶺心萌(1年)組が優勝し、団体女子でも同校(吉川小百合、髙嶺心萌、髙嶺愛、仲本こころ、本村彩羽、鈴木音羽)が準優勝に輝き、それぞれ8月8日から宮崎県で開催される九州大会出場を決めた。

 県制覇に吉川は「順位決定戦では0−3まで追い込まれたが、応援してくれるみんなのおかげで最後まで踏ん張り、逆転することができた。九州大会でもベスト8以上に残り、全国の切符を勝ち取りたい」。髙嶺は「ピンチもあったが、いつものプレーができて良かった。九州でも優勝できるよう、頑張りたい」とそれぞれ意気込みを語った。

 主将の髙嶺愛(3年)は「団体戦で目標としていた九州大会に出場できることになり、とてもうれしい。九州で悔いが残らないよう練習に励みたい」と述べた。

  • タグ: 県中学校ソフトテニス競技大会川平中学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム