八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富島で盛大に豊年祭

集落に戻った公民館役員や神司を「ガーリー」で出迎える住民ら=19日夕、竹富郵便局前

集落に戻った公民館役員や神司を「ガーリー」で出迎える住民ら=19日夕、竹富郵便局前

住民が来年の豊穣を祈願

 【竹富】竹富島の豊年祭が19、20日の2日間、集落内の各御嶽で執り行われた。19日は豊年のお礼と来年の豊穣(ほうじょう)を祈願する「オンプイ」。午前中に公民館役員と神司が国仲、清明、西塘の各御嶽に参拝し、祭りが始まった。

午後からは六山(ムーヤマ)と呼ばれる玻座間、仲筋、幸本、久間原、花城、波利若の各御嶽の順に参拝。途中、島の偉人、「西塘」の作と伝わる「プイの道唄」を歌いながら次の御嶽へと向かった。

 各御嶽に参拝後、夕方に集落に戻った神司らを、約60人の住民らが郵便局の前で出迎え、ドラや太鼓を打ち鳴らし、「ガーリー」で豊年の喜びを表した。

 20日は「トゥヌイプイ」と呼ばれる「世願い」の祭事が行われ、神司と公民館役員は早朝から、五穀の種子がもたらされたと伝わる「ニーラン神石」へ参拝。仲筋集落では住民が「バシャシン」や「アイジシン」などの伝統的な衣装で、一行を歓迎した。その後、幸本御嶽に祈りをささげ、小底場(クックバー)に登り、儀式を行った。

 玻座間集落では、頭に白サジ(手巾)を巻いた、竹富小中学校の児童生徒や住民らが総出で出迎えた。一行は、真知御嶽などに参拝し、2日間の祭事が終了。祭りに合わせて石垣島や沖縄本島から大勢の郷友らが帰島し、親戚や友人らと再会を懐かしむ場面も見られた。上勢頭篤館長は「18日夜の世果報雨で清められ、神司をはじめ、住民皆さまのおかげで無事に『ハジリアギ』することができた。感謝の気持ちでいっぱい」と語った。(三浦彰徳通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム