八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

豊年祭シーズン到来 島の夏彩る風物詩

大浜豊年祭を締めくくる大綱引きで上村側の綱を引く参加者=18日夜、崎原道路

大浜豊年祭を締めくくる大綱引きで上村側の綱を引く参加者=18日夜、崎原道路

来夏世の五穀豊穣を祈る 崎枝・久部良・比川・大浜

 今年の豊作に感謝し、来夏世の五穀豊穣(ほうじょう)と村の発展を祈願する八重山郡内の豊年祭は17日の崎枝、久部良、比川を皮切りに18日には大浜で行われ、夏の風物詩の到来を告げた。大浜公民館(當山信佳館長)は崎原御嶽前の崎原道路で行い、ファイナーレの上(うい)村と下(すむ)村に分かれて行われる長さ130㍍の大綱引きは熱気むんむん。5分21秒で上村に軍配が上がり、参加者から大歓声が上がった。

 大浜豊年祭は午後2時から東海岸のカースンヤーで神司によるユーニガイ(願い)の儀式が行われた。

 この後、オーセ(番所)では中学生による「イリク太鼓」などの奉納や10本の旗頭が境内に並んだ。余興などを披露する道踊りには34団体が伝統舞踊などを披露した。

 日没後、たいまつの明かりの下で行われるツナヌミンが幻想的な雰囲気のなかで行われ、勇壮な戦いに大きな拍手が涌き起こった。當山館長は「字民と一緒に村の豊作と繁栄を祈願してほしい」と話した。

  • タグ: 大浜豊年祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム