八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

無料WIーFIが好評 JTA

中型機(奥)の夏季運航を歓迎する横断幕で乗客を出迎えたJTAの空港職員(手前)=16日午後、南ぬ島石垣空港駐機場

中型機(奥)の夏季運航を歓迎する横断幕で乗客を出迎えたJTAの空港職員(手前)=16日午後、南ぬ島石垣空港駐機場

中型機初便が就航

 日本トランスオーシャン航空㈱(JTA、丸川潔代表取締役社長)の中型機ボーイング767―300型機(261席)の初便が16日午後、羽田|石垣路線で就航した。石垣路線では初めて無料のWIーFIによる機内インターネットサービスを提供、乗客から「退屈しない」と好評だった。

 中型機は8月31日までの間、1日1往復2便で運航。提供座席数と、コンテナ輸送が可能な貨物の積載能力がそれぞれ約1.8倍に拡大する。

 この日、羽田から南ぬ島石垣空港に到着した乗客255人は、JTA空港職員が夏季運航開始を歓迎する横断幕で出迎えられた。石垣からは194人が利用した。

 家族5人で北海道からの乗り継ぎ便で利用した笹川淳史さん(36)=伊野田=は「いつもの(小型機)より座席が広くて乗り心地がよかった。無料WIーFIを利用してスマートフォンで子どもとアニメを見ていた。退屈しなかった」と喜んだ。

 初便の機長を務めた日本航空767運航乗員部の中野計人(かずひと)部長(53)は「リニューアルした内装や無料WIーFIで快適に過ごせる。運航は約1カ月半と短いが、羽田から多くの人々を送客したい」と話した。

 中型機は羽田発が午後2時15分、石垣発が午後7時10分。

地図
  • タグ: 本トランスオーシャン航空
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム