八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

初乗り上限額は510円 タクシー運賃改定

郡内のタクシー運賃改定に向け、地元関係者を招いて開かれた公聴会=14日午後、市健康福祉センター2階会議室

郡内のタクシー運賃改定に向け、地元関係者を招いて開かれた公聴会=14日午後、市健康福祉センター2階会議室

 郡内のタクシー運賃改定に向け、県ハイヤー・タクシー協会(湖城秀實会長)と沖縄総合事務局運輸部は14日午後、市健康福祉センター2階会議室で地元関係者を招いて公聴会を開き、八重山地区の小型車と中型車を統合する普通車タクシーの初乗り料金の上限額を510円とする方針を明らかにした。郡内の運賃改定は8年ぶり。同運輸部は8月下旬に新運賃の認定を行い、9月初旬に施行する考えだ。

 同運輸部によると、現行の初乗り運賃(1.167㌔㍍)は小型で430円、中型で460円となっており、510円の引き上げで最大80円アップとなる。距離の加算額と待ち料金についても改定される。

 改定されると、石垣空港から石垣市役所までの運賃は、現行の小型で2770円から4270円、同空港から川平湾までは4450円から6990円となる。料金改定で10.93%の増収率が見込まれている。

 同運輸部は現在、下限額の調整を行っている。

 懇談会には市内のタクシー事業者や地域住民代表、市観光交流協会や市商工会、石垣市の担当者が参加。「市民が乗れる範囲内の料金が望ましい」「高齢者に対する割引制度の導入」、「乗務員のマナー改善」などを求める声があった。

 県ハイヤー・タクシー協会八重山支部の請盛真実支部長は「レンタカー車両の増加や社会的需要の変化、不安定な燃料価格などの要因が運賃改定に直結。これを機に乗務員の教育徹底を行い、苦情を解決したい」と運賃改定に理解を求めた。

 湖城会長は「今回のご意見を八重山支部と協議しながら(運賃改定に)取り入れたい。公共交通機関として利用者の増加につなげたい」と述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム