八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工8強 宮古下す 先発平良海好投4-0

六回裏、前粟藏知弘の二塁打で生還して安里都哉(左)とハイタッチを交わす上地樹稀=9日午前、北谷公園野球場

六回裏、前粟藏知弘の二塁打で生還して安里都哉(左)とハイタッチを交わす上地樹稀=9日午前、北谷公園野球場

前粟藏、打線けん引3安打 ベスト4懸けきょう嘉手納戦

 【北谷】第98回全国高校野球選手権沖縄大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は9日、北谷公園球場などで3回戦が行われ、八重山商工は宮古を4-0で下して先島対決に勝利。7年ぶり3度目のベスト8進出を決めた。八商工は10日午前10時から、セルラースタジアム那覇で興南に勝った嘉手納と4強入りを懸けて対戦する。

宮古

000000000-0

00010102×-4

八商工

(宮)下地、友利洋-上原健

(商)平良海、黒島-前粟藏

▽二塁打=前粟藏、安里、上地(以上商)、知念(宮)

▽三塁打=前粟藏(商)

 後攻の八商工は平良海馬(2年)が今大会初先発。平良は初回、宮古打線を三者連続三振に抑え、上々の立ち上がり。二回に先頭打者に初安打を許し、無死一塁となったところで降雨中断。1時間12分後の再開後も、集中力を切らさず後続を断った。

 八商工は四回裏、宮古エースの下地一平(3年)に対して7番の前粟藏知弘(3年)が右翼越えの二塁打から8番の安里都哉(同)が中堅越えの長打を放ち先制。六回には二死二塁で打席に立った前粟藏の打球が三塁ベースを直撃してボールがレフトに転がる間に二塁走者が生還して1点を追加した。

 攻撃の手を緩めない八商工は八回にも一死無走者から6番の上地樹稀(3年)の二塁打、前粟藏の三塁打で3点目、続く安里が4点目のスクイズを決めてリードを広げた。

 先発の平良は最速145㌔のストレートと低めのスライダーを中心に八回途中まで投げて12奪三振無失点の好投。継投したエースの黒島志門(3年)が残りを抑えて試合を締めくくった。

  • タグ: 全国高校野球選手権沖縄大会八重山商工高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム