八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

イリオモテヤマネコ6件目事故死 13年と同数 過去最悪

交通事故で死んだとみられるイリオモテヤマネコ(西表野生生物保護センター提供写真)

交通事故で死んだとみられるイリオモテヤマネコ(西表野生生物保護センター提供写真)

関係機関「夜間の運転は注意を」

 【西表】4日午後9時45分ごろ、西表上原の県道215号線で、国指定特別天然記念物のイリオモテヤマネコの幼獣(オス)が死んでいるのがみつかった。西表野生生物保護センターは、発見時の状況などから交通事故死と判断した。ことしに入り6件目の事故死で、過去最多だった2013年の年間6件に並んだ。西表自然保護官事務所と竹富町自然環境課では、ことしの事故多発を「憂慮すべき事態」として6月22日に「イリオモテヤマネコ交通事故多発警報」を発令し、島民や観光客に注意喚起したばかりだった。

 同センターによると、発見者から連絡を受けた職員が現場に駆けつけ個体を回収。体重1360㌘、体長410㍉だった。

 西表島では全島的にヤマネコの目撃情報があることから、同事務所では「特に夜間は周囲に十分注意し、(ヤマネコの)急な飛び出しにも対応ができるスピードで運転してほしい」と訴えている。

 交通事故多発警報では▽目撃情報の多い場所に注意▽活発に活動する夜明けと夕暮れ前後の時間帯に注意▽集落内時速30㌔、島内は時速40㌔で運転▽ヤマネコの目撃、事故を起こした場合、死体を発見した場合は西表野生生物保護センターに連絡—の4点を呼び掛けている。

 けがや死んでいるヤマネコ、子ネコを目撃した場合は同センター(0980—85—5581)に連絡する。

  • タグ: イリオモテヤマネコ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム