八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県、従来通りの答弁 陸自配備計画

代表質問に立つ砂川利勝氏=5日、県議会本会議場

代表質問に立つ砂川利勝氏=5日、県議会本会議場

県議会6月定例会 砂川氏が代表質問

 【那覇】県議会(新里米吉議長)6月定例会は5日、代表質問の1日目を行い、砂川利勝氏(沖縄・自民党)は地元で賛否のある石垣市、宮古島市への自衛隊配備計画の必要性について取り上げ、謝花喜一郎知事公室長は「地元の理解と協力が得られるよう政府は丁寧に説明を行うとともに、住民生活の安心安全に十分配慮すべきだ」と従来通りの考えを示した。

 また、尖閣諸島周辺の接続水域周辺に侵入した中国軍艦への対応について「領土問題は存在しないという日本政府の見解を支持する。平和的な外交を通じて日中両政府に全力を尽くしてもらいたい」と述べたのに対し、砂川氏は「同じ沖縄で起きている辺野古問題と尖閣問題の違いは何か。尖閣に対して県はなにも行動していない」と強く批判した。

 観光が好調で経済や雇用環境が向上しているなか、全国平均より大幅に低い県民所得について下地明和企画部長は第3次産業が多い県内の産業構造に(要因が)あるとした上で「観光客数も過去最高を更新、失業率も大幅に改善し、各種経済指数も好調に推移している。今後の県民所得に反映される」との考えを示した。

 日台漁業取り決めに係る県内漁業者の安全操業確保については島尻勝広農林水産部長が「日台漁業取り決め水域における操業ルールの確立、違法操業の外国漁船の取り締まり強化などについて関係団体と連携し引き続き国に求めていく」と述べた。

 新県立八重山病院の建設費などの予算について伊江朝次病院事業局長は「2回の入札不調があったが、八重山地域外からの労働者確保費用の見なしなどを行い工事に着手した」と答えた。いずれも砂川氏への答弁。

  • タグ: 県議会自衛隊
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム