八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

あすから一部供用開始 南ぬ浜町人工ビーチ

7月1日から一部供用開始される人工ビーチ。右側の建物は管理棟=29日午後、南ぬ浜町

7月1日から一部供用開始される人工ビーチ。右側の建物は管理棟=29日午後、南ぬ浜町

市街地に一番近い

 石垣市が初めて運営する南ぬ浜町海浜緑地の人工ビーチは、7月1日から一部供用が始まり、9月末まで一般開放される。同ビーチは現在も整備が進められており、市は、市民や観光客の利用が最も見込まれる夏場の3カ月間で課題などを洗い出し、利便性の向上につなげたい考えだ。

 人工ビーチは、ハブクラゲ防止ネットで区画した範囲が遊泳区域。遊泳時間は7、8月が午前9時から午後7時まで。9月は午前9時から午後6時まで。

 同ビーチには、管理棟、シャワー室とトイレ、ロッカーを備えた男子棟と女子棟が整備され、シャワーは3分につき200円、ロッカーは1回につき300円。パラソルやチェアーも有料で貸し出すことにしている。

 利用は、幼児・児童の遊泳に保護者が付き添うこと。シュノーケルを使用する際のライフジャケットの着用、ごみの持ち帰りを守るよう定めている。飲酒やバーベキュー、キャンプ、ペットを伴った入場などは禁止されている。

 今後は、バーベキューができるスペースやスポーツを楽しめる多目的施設も整備される予定で、市港湾課の玉城広文課長は「多くの市民や観光客に楽しんでもらいたい。市街地に一番近いビーチとして利用してほしい」と呼び掛けた。

地図
  • タグ: 南ぬ浜町人工ビーチ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム