八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

6月18日に開幕した第98回全国高校野球

 6月18日に開幕した第98回全国高校野球選手権沖縄大会は7月2日から2回戦が始まり、初戦の八重山対決で八重山高校に8-2と快勝した八重山商工が第1シードの糸満と対戦する▼糸満は今年3月まで八商工で部長をしていた真玉橋治氏が監督。八商工にとっては1回戦の八重高といい、2回戦の糸満といい、何らかの因縁さえも感じさせる皮肉な組み合わせだ▼しかも、八商工を13年間、率いてきた伊志嶺吉盛監督(62)は今大会限りでの引退を表明。選手にとっても伊志嶺監督にとっても忘れられない大会となろう▼今大会を最後にユニホームを脱ぐ伊志嶺監督は、13年間の監督生活で現ロッテの大嶺祐太投手らを率い、2006年に同校を春・夏連続で甲子園に導き、八商工の名を全国にとどろかせ、郡民を熱狂させたことは記憶に新しい▼その激しい言動と厳しい練習で、指導法に対する評価は分かれたが、八商工を県内の強豪校の一角に押し上げた実績は等しく評価されよう▼2日の糸満戦に伊志嶺監督は「向こうは初戦、こちらは2戦目」と自信をのぞかせる。八商工の手の内を知り尽くす真玉橋監督が指揮し、総合力が高い相手だが、勝機は十分にある。一つ一つ勝利を積み重ね、伊志嶺監督には3度目の甲子園で有終の美を飾ってほしいものだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム