八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【参院選】参院選きょう告示 沖縄選挙区

30007.jpg

現職ら3氏が立候補へ 辺野古の新基地建設が争点

 【那覇】7月10日投開票の第24回参院選挙は22日公示され、18日間の選挙戦がスタートする。沖縄選挙区(改選1議席)には自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子(51)=公明推薦=、元宜野湾市長で新人の伊波洋一(64)、幸福実現党県本部副代表で新人の金城竜郎(52)の3氏が立候補する。政権与党の自民が擁立する島尻氏と、名護市辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄」勢力が推す伊波氏の対決となる見通し。3陣営は立候補を届け出た後、那覇市内で出陣式や出発式を行う。

 最大の争点となる米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設ついて、島尻氏は「普天間の危険除去へあらゆる選択肢を排除せず、全力かつ現実的に取り組む」と容認、伊波氏は「航空法に違反する世界一危険な飛行場。全面返還させる」と反対し、違いを鮮明にしている。金城氏は「日米両政府で合意したことを実行するべきだ」としている。

 先島諸島への自衛隊配備では島尻氏が「中国軍艦による侵入など安全保障環境は厳しさを増している。自衛隊配備はやむを得ない」と容認、伊波氏は「地対艦ミサイル部隊などの配備は米軍の中国戦略に基づき南西諸島で戦争するためのものだ」と反対する。金城氏は「中国の侵略の意図を考えると、先島、県民を守るため必要」とする。

 日米地位協定については3氏とも抜本改定を求めている。

 比例代表区には、自民から元SPEEDメンバーの今井絵理子氏(32)、共産から党県委常任委員の真栄里保氏(59)、おおさか維新から前金武町長の儀武剛氏(54)、日本のこころを大切にする党からラジオパーソナリティーを務める手登根安則氏(52)が出馬を予定している。

 県選管よると、有権者数は21日現在、18、19歳を含め115万5811人。八重山郡内は石垣市3万8568人、竹富町3449人、与那国町1204人となっている。

  • タグ: 参院選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム