八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新たに4周遊ルート認定 外国人観光客の離島周遊促進

29977.Okinawa.png

 【那覇】国土交通省は14日、各地の観光地を交通アクセスも含めてネットワーク化し、「広域観光周遊ルート」として海外へ発信する「Be・Okinawa琉球列島周遊ルート」など四つの周遊ルートを新たに認定した。昨年度認定の7地域と合わせて11地域となり、北海道から沖縄までをカバー。2020年のオリンピック・パラリンピックに向けた取り組みが求められる。
 琉球列島周遊ルートは、「自然と人とのふれ合いを通じて、本来の自分と向き合う旅」をコンセプトに主要観光拠点地区の本島とその周辺15離島、久米島、八重山諸島、宮古諸島の空港や港湾など主要ゲートウェイ施設で構成。県や沖縄観光コンベンションビューロー、離島市町村・観光協会、民間事業者などで組織する同ルート形成推進協議会(会長・翁長雄志知事)を設置し、本年度から2020年度までの5年間で▽事業計画策定および継続的なマーケティング▽受け入れ環境整備・交通アクセスの円滑化▽滞在コンテンツの充実▽対象市場に向けた情報発信・プロモーション—を主な取り組みとし、モデルコースの策定などをした上で台湾、香港、韓国、中国本土などの外国人観光客の離島周遊を促進する。
 このほか認定されたのは「日本のてっぺん。きた北海道ルート。」(北海道)、「東京回廊」(仮称、東京など11都県)、「縁(えん)の道~山陰~」(鳥取県、島根県、山口県萩市)。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム