八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

美崎町の“ホッパー”閉店 市内コンビニ第1号店

閉店に伴い、看板などが取り外されるココストア美崎店=10日午前、美崎町

閉店に伴い、看板などが取り外されるココストア美崎店=10日午前、美崎町

28年6カ月の歴史に幕

 石垣市内で第1号店のコンビニエンスストアとして1987年12月にオープンし、コンビニ進出の先駆けとなったココストア美崎店が10日、閉店した。県内でも4番目のコンビニで、唯一現存する店舗。開店以降、繁華街を照らし続けた店舗は利用者から惜しまれつつ、28年6カ月の歴史に幕を閉じた。

 美崎店を経営する(株)仲間商店(仲間重昭代表取締役)の仲間重治会長(当時代表取締役)が時代の流れをいち早くとらえ、同業者らと出店を模索。同業者が開店させた後、ほどなくして仲間商店が事業を引き継ぎ、本格的にコンビニ経営に乗り出した。

 当初は「ホットスパー」の店名で、「ホッパー」の愛称で親しまれた。2008年3月にココストアに店名を変更した。

 コンピューターでの商品管理、コンビニ独自の接客など、旧来の商店経営とは違ったスタイル。仲間会長は「接客や端末操作など教育システムがなかったので苦労した」と振り返り、

 「当時は景気がよくて美崎町は活気があった。これも時代の流れだが、長くやってきたのでやっぱり寂しい」と閉店を惜しむ。

 仲間代表は「長期にわたってご愛顧いただき感謝に堪えない。24時間営業で周囲を明るく照らしていた。美崎町の防犯面にも貢献できたかと思っている」と話した。

  • タグ: ココストア美崎店ホットスパー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム