八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

遠き島へ想い込め 20人、やしの実流し 石垣島沖

「愛のココナッツメッセージやしの実流し」で91個のやしの実を海に流す参加者=8日、石垣島沖合(石垣市観光交流協会提供)

「愛のココナッツメッセージやしの実流し」で91個のやしの実を海に流す参加者=8日、石垣島沖合(石垣市観光交流協会提供)

藤村の詩再現29回目事業

 愛知県の渥美半島観光ビューローの事業「愛のココナッツメッセージやしの実流し」が8日、石垣島沖合で行われた。同ビューローと友好観光協会の石垣市観光交流協会など関係者ら約20人が参加し、石垣島から同事業に賛同した20人のやしの実を含む91個に願いを込めて海に流した。

 ことしで29回目となる事業は、島崎藤村による「名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ…」という叙情詩「椰子の実」を再現しようと続けられ、やしの実には「波にのせ想いは遥か恋路ヶ浜」と刻んだプレートが取り付けられている。

 石垣島から同県最南端にある伊良湖岬に届くよう毎年約100個のやしの実を海に流しており、2001年8月には同ビューローが拠点を置く田原市の海岸に初めて漂着。これまでに120を超える出会いのエピソードが生まれている。

 この日は、石垣港離島ターミナルで出発セレモニーを行い、中山義隆石垣市長は「毎年、やしの実事業で来島していただき感謝している。この事業を通して石垣市と渥美半島の交流がますます深まることを祈念している」とあいさつした。

 市からはミス八重山の豊里舞さんと新里諒さんも参加。船で沖合に向かい、やしの実を海に流した。

  • タグ: 愛のココナッツメッセージやしの実流し石垣市観光交流協会渥美半島観光ビューロー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム