八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川平中学校 全国中学総文祭出場へ

8月に行われる全国中学校文化連盟総合文化祭への出場を報告する川平中学校の生徒たち=6日午後、庁議室

8月に行われる全国中学校文化連盟総合文化祭への出場を報告する川平中学校の生徒たち=6日午後、庁議室

伝統の「川平満慶太鼓」

 川平中学校(山城亨校長)の全校生徒16人は6日午後、市役所を訪れ、中山義隆市長に8月18、19日に大分県で開かれる第16回全国中学校文化連盟総合文化祭への出場を報告した。

 同校は昨年12月の県中学校総合文化祭に「創作 川平満慶太鼓」で出場。川平の伝統文化をモチーフに太鼓、踊り、棒術を組み合わせた演技で高い評価を受け、8年ぶり2回目の全国総合文化祭出場が決まった。

 生徒会長の大泉洋介君(3年)は「支えてくれる地域の人たちへ感謝の気持ちを込め、県代表として恥じない演技をしたい」と意気込みを語り、生徒全員が一人ずつ抱負を述べた。

 中山市長は「川平は伝統文化がしっかりと受け継がれている地域。先輩たちの残した伝統を全国の舞台でアピールしてほしい」と話した。

 石垣安志教育長は「地域に支えられての全国大会。物おじせずに練習の成果を存分に発揮してほしい。いい報告を期待する」と激励した。

 川平満慶太鼓保護者会の本村浩司会長は「大分まで行くので、資金造成のため保護者会を立ち上げた。全国までしっかりサポートしていきたい」と話した。

  • タグ: 川平中学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム