八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【県議選】終盤の戦いで支持訴え 3候補が東奔西走

支持を訴える3候補(左から次呂久成崇氏、前津究氏、砂川利勝氏)

支持を訴える3候補(左から次呂久成崇氏、前津究氏、砂川利勝氏)

運動員もラストスパート

 5日投開票の県議選は2日、終盤の戦いに入り、石垣市区で2議席を争っている現職の砂川利勝氏(52)=自民公認、公明推薦=、新人の前津究氏(44)=社大八重山支部推薦=、新人の次呂久成崇氏(42)=社大、社民、共産推薦=は「選挙戦は残りわずか。全力で突っ走る」とラストスパートに入り、街頭での演説にも「何が何でも勝たなければならない」と熱がこもった。3候補はこの日も朝から東奔西走。運動員はローラー作戦や電話作戦を展開し、支持拡大に力を入れた。

  砂川氏は同日午前8時すぎ、荒引橋の交差点で行ったポイント演説で「国境の島を元気にするため公約77項目の実現に全力で取り組む。1万3000票を獲得し、自公で戦う参院選につなげたい。政治の安定、日本の安定のためにも圧勝させてもらいたい」と力を込めた。

 前津氏は同日夕、真栄里北交差点でマイクを握り、「2年前倒しの自衛隊配備は住民を無視した国家権力の押しつけだ。100年先を占う大切な選挙。県議会は勉強の場ではない。即戦力として課題を解決する場。政治的空白は許されない。政治は即戦力だ」と声を張り上げた。

 次呂久氏はJAおきなわ八重山地区営農振興センター前で演説、「八重山の島々はやっぱり素晴らしい。まだまだ大きな可能性を秘めている。子どもたちにも好きになってもらいたい、誇りを持ってもらいたいと強く願っている。そのためにもしっかりと離島振興に取り組む」と訴えた。

 終盤の戦いについて砂川氏は「日に日に盛り上がっており、ラストスパートをかけ、全力で走る。期日前投票も加速させたい」、前津氏は「手応えはある。今後も1人でも多くの人に会って支持をお願いし、企業訪問も行う」、次呂久氏は「支援の広がりを感じている。1人でも多くの人と直接話し、その声を県政に届けたい」と話した。

  • タグ: 県議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム