八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

甘藷の拠点産地化に協力を 石垣島薬草研が市に要請

2015年度は129㌧の収穫があった沖夢紫=2日午前、バンナふもとのほ場

2015年度は129㌧の収穫があった沖夢紫=2日午前、バンナふもとのほ場

中山市長、積極的に取り組む考え

 紅芋の「沖夢紫」の栽培加工に取り組んでいる農業生産法人(有)石垣島薬草研究会の運道和道代表取締役と生産農家らが2日午後、市役所に中山義隆市長を訪ね、2015年度の生産実績を報告するとともに、「年度内の甘藷(かんしょ)の拠点産地化に協力してもらいたい」と要望。中山市長は積極的に取り組む考えを示した。

 県から拠点産地に認定されると、低利での融資、制度事業の活用などを受けることができるほか、沖夢紫の知名度の向上が期待できるという。  

 中山市長は「農家が頑張って収量を上げている。需要があるので供給量を増やせば農家の収入も上がる。拠点産地化に向け積極的に取り組みたい」と応じた。

 研究会によると、15年度は約60人の農家が16㌶で129㌧を収穫。研究会が150円(規格内)で購入した。16年度は160~200㌧を計画。さしあたり、400㌧を目標にしている。

  • タグ: 沖夢紫
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム