八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【県議選】公約実現へ3氏激突

29876.png

9日間の選挙戦火ぶた

 6月5日投開票の県議選は27日、告示された。石垣市選挙区(定数2)には届け出順に、現職で2期目を目指す砂川利勝氏(52)=自民公認、公明推薦=、前市議で新人の前津究氏(44)=社大八重山支部推薦=、元市職員で新人の次呂久成崇氏(42)=社大、社民、共産推薦=が立候補、9日間の選挙戦に突入した。28日からは期日前投票が始まり、激しい集票合戦が展開される。

 県議選は、翁長県政を支える与党が引き続き多数を維持するか、自民などの野党が逆転するかが最大の焦点。

 石垣市区は保守系から砂川氏のみ、革新系から前津氏、次呂久氏の2人が出馬、前回選挙と逆の構図となった。革新の分裂選挙は2000年以来16年ぶり。石垣市区はこれまで保革それぞれが1議席を確保する形が続いているため、今選挙は革新系同士の戦いの様相を呈している。

 砂川陣営は「今選挙は参院選につながる。死に物狂いの戦いを」と楽観ムードの引き締めに躍起。立場に大きな違いのない前津、次呂久両氏はそれぞれ「市議3期の経験と実績。即戦力のある私を」「行政と地域活動の経験のある新戦力の私を」などと独自色を打ち出すのに懸命だ。

 告示までには3候補とも、各分野にわたる政策をまとめており、砂川氏は77項目、前津氏は42項目、次呂久氏は82項目の浸透を図る。

 3候補の陣営は立候補の届け出後、それぞれ選挙事務所前で出陣式や出発式を行い、砂川氏は「八重山を日本一元気なまちにする」、前津氏は「即戦力で課題を解決する」、次呂久氏は「行政経験と地域活動を生かす」などと第一声を放ち、選挙運動を開始した。

 期日前投票は石垣市中央運動公園野球場会議室、竹富町役場(選挙管理委員会室)、与那国町構造改善センターで午前8時半から午後8時まで行われる。市と与那国町は4日まで、4日に繰り上げ投票がある竹富町は3日まで。

 【砂川利勝】(すながわ・としかつ)。1963年9月28日生まれ。石垣市桃里(星野)。八重山農林高校、中部大学卒。県議会議員。

 【前津 究】(まえつ・きわむ)。1972年3月18日生まれ。石垣市大川。八重山高校、杏林大学卒。前石垣市議。

 【次呂久成崇】(じろく・まさたか)。1974年4月13日生まれ。石垣市大浜。八重山高校、九州産業大学卒。元石垣市職員。

  • タグ: 県議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム