八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

内原さん2年連続最優秀 自慢のゴーヤ、会員出品

ゴーヤの出来をチェックする審査員ら=20日午前、市老人福祉センター

ゴーヤの出来をチェックする審査員ら=20日午前、市老人福祉センター

石老連品評会

 石垣市老人クラブ連合会(大島正嗣会長)の第32回ゴーヤ品評会が20日午前、石垣市老人福祉センターで開かれ、会員32人が出品したゴーヤを審査した結果、内原繁さん(85)のゴーヤが2年連続で最優秀賞(市長賞)に選ばれた。

 同品評会はゴーヤ栽培を通して会員の生きがいと健康づくりを図ろうと1985年から毎年、5月8日の「ゴーヤーの日」に開かれている。ことしは母の日と重なったため、日程をこの日にずらした。

 品評会には会員が露地で育てた「中青長」や「夏盛り」など32品を出品。県八重山農林水産振興センター農業改良普及課と市農政経済課の職員5人が▽大きさ▽重量▽光沢▽品質▽病害の有無−などを審査。

 審査委員長を務めた同普及課の河野伸二課長は「年明けから長雨や低温が続くなど厳しい状況だったが、病害虫の被害もなく形も良い。例年以上のものがそろっている」と講評した。

 最優秀賞の内原さんは所用のため、品評会を欠席。

 初めて1等に選ばれた新城惟弘さん(76)は「これまで2等や3等はあったが、1等に選ばれてうれしい。次は最優秀賞を目指してゴーヤづくりに励みたい」と喜んだ。

 入賞者は次の通り。

 ▽最優秀賞=内原繁(白保老人クラブ)▽1等=新城惟弘(新栄町老悠会)▽2等=大島悦(大浜老人クラブ)▽3等=新城寛信(平得老人クラブ)▽特別賞=盛山信八(宮良老人クラブ)▽努力賞=東盛貞晴(大浜老人クラブ)

  • タグ: ゴーヤ品評会石垣市老人クラブ連合会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム