八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「歴史知るきっかけに」 平田さん、戦時中紙幣など寄贈

戦時中の紙幣など164点を寄贈した平田一雄さん(右)と八重山平和祈念館の宮良晴美さん=20日午前、同祈念館

戦時中の紙幣など164点を寄贈した平田一雄さん(右)と八重山平和祈念館の宮良晴美さん=20日午前、同祈念館

平和祈念館へ資料164点

 戦前や戦時中の切手などを収集している平田一雄さん(82)=西表大原=が20日午前、八重山平和祈念館(名城政広分館長)に、戦時中の紙幣や日本軍の検閲印の入ったはがき、手紙など164点を寄贈した。

 中には元教員の男性が戦地から小学校6年生の教え子に宛てた手紙や、アメリカ軍が日本国民に対して降伏を求めた「生命を助けるビラ」などが良好な保存状態で寄贈された。

 収集歴70年以上でこれまでに2万点以上コレクションしてきた平田さんは「収集品を盗まれることもあったので、安全な場所でたくさんの人に見てほしいという思いから寄贈した。見た人が歴史を知るきっかけになれば」と収集品を託した。

 同祈念館の宮良晴美さん(33)は「当時の歴史がわかる貴重な資料。子どもたちの平和学習に活用したい」と話した。

  • タグ: 八重山平和祈念館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム