八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大型船3隻が同時に石垣へ クルーズ船2隻はことし初

石垣港に寄港した外航クルーズ船「ゴールデンプリンセス」、「スーパースターアクエリアス」、貨物船「ちゅらしま」(左から)=19日午後、石垣港

石垣港に寄港した外航クルーズ船「ゴールデンプリンセス」、「スーパースターアクエリアス」、貨物船「ちゅらしま」(左から)=19日午後、石垣港

乗員乗客約4000人が来島

 石垣港に19日、外航クルーズ船2隻が今年初めて同時に寄港した。クルーズ船のダブル寄港は2014年10月以来。乗員乗客合わせて約4000人が上陸したが、石垣港離島ターミナルではタクシーの台数が不足する事態に陥った。石垣市観光文化課の担当者は「大きな問題はなかったが、この人数の受け入れに対して各関係機関で課題もあると思う。受け入れ態勢の向上に向けて検証作業を行いたい」としている。

 同日午前11時にスタークルーズ社の「スーパースターアクエリアス」(バハマ船籍、総㌧数5万1039㌧)が接岸、乗客1590人のうち乗員を含む約1650人が下船した。

 午後1時にはプリンセスクルーズ社の「ゴールデンプリンセス」(バミューダ船籍、総㌧数10万8865㌧)が石垣島と竹富島間の海域に沖泊。乗客2502人のうち乗員含む約2350人がテンダーボートで離島ターミナルに上陸した。

 2隻とも乗客の9割は台湾人観光客。バスツアー客は川平湾、鍾乳洞などの観光地を周り、フリー客は大型量販店やユーグレナモールで買い物を楽しんだ。

 市クルーズ船受け入れ連絡協議会の関係者は「寄港時間の差はあったが、乗客の出入り口はF岸壁と離島ターミナルになったため、受け入れ対応が分散した。改めて南ぬ浜町の新バースの早期供用開始が求められる」と指摘。

 市観光文化課の担当者は「数だけではなく、質も高めたい。関係機関と意見を深めたい」と述べた。

 一方、石垣港にはこの日、ア号が入港して15分後に琉球海運㈱の貨物船「ちゅらしま」(総㌧数9483㌧)も続けて接岸した。大型船の3隻同時入港について市港湾課の担当者は「安全面に最大限配慮し、限られた施設の中で受け入れるしかない」と話した。

  • タグ: クルーズ船
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム