八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハイジャック想定し訓練

訓練で刃物を振り回し人質を盾に現金を要求する犯人役の男性=17日午後、新石垣空港

訓練で刃物を振り回し人質を盾に現金を要求する犯人役の男性=17日午後、新石垣空港

16関係機関職員が参加

 伊勢志摩サミットを目前に控える中、ハイジャック事件対応訓練が17日午後、南ぬ島石垣空港内で行われ、石垣空港管理事務所や八重山署など16の関係機関の職員が参加した。

 訓練は那覇空港から石垣空港に向けたABC航空234便(乗客75人)がハイジャックされ、石垣空港に緊急着陸したとの想定で実施。

 午後4時に同便機長から空港管理事務所への着陸要請で訓練を開始。各関係機関への連絡、対策本部の設置など初動対応を確認した。

 午後4時半には航空機が着陸したとの想定で、燃料補給と現金3億円を要求する犯人との交渉を実施。人質が逃げ出した隙をついて警察官3人が犯人を取り押さえた。

 石垣英邦新石垣空港管理事務所長は「伊勢志摩サミットを控え、緊張感が高まる中での訓練。天災と事件はいつ起こるか分からない。きょうの成果を踏まえ速やかな対応をお願いしたい」と述べた。

 八重山署の比嘉朝邦警備課長は「今後も各機関が連携し情報交換を行い、万が一に備えたい」と話した。

 同日午前には、空港内に不法侵入した不審者の対応訓練も行われた。

地図
  • タグ: 石垣空港
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム