八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ナッチャン・レラ 初入港

石垣港に初入港した高速フェリー「ナッチャン・レラ」=14日午後6時50分ごろ、石垣港F岸壁

石垣港に初入港した高速フェリー「ナッチャン・レラ」=14日午後6時50分ごろ、石垣港F岸壁

「ナッチャン・レラ」の初入港を記念した祝賀会。乾杯で石垣ー花蓮間の交流発展を願う=14日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

日台企業が運航 旅行商品開発へ

 花蓮港ー石垣港間を最短4時間で結ぶ世界最大級の高速フェリー「ナッチャン・レラ」(1万712㌧、旅客定員774人)が14日夕、石垣港に初入港した。総合物流事業を展開するシンバネットワーク(安里繁信会長)の(株)あんしん(安里享英社長、浦添市)が、台湾の物流大手ワゴングループ(洪清潭会長)と連携して運航させた。両社は、台湾の旅行業者ら100人の視察団(団長・蕭美琴国会議員)を招待、旅行商品の開発を促進する。

 あんしんによると、花蓮港など台湾東部と石垣とのルートで年10回程度、修学旅行や社員旅行など団体客をターゲットにチャーター便を運航させ、来年から週1回の定期便化を目指すという。運航時期については観光客の少ない閑散期を予定する。

 入港後に市内ホテルで開いた初入港記念祝賀会で安里会長は「花蓮|石垣間の就航はワゴングループとの戦略提携で実現したい一番のプロジェクト」と意欲を語り、視察団の蕭団長は「花蓮と石垣は経済分野で深くつきあっていけると信じる。今回はビジネスチャンスを探り、定期便化に向けて頑張りたい」と語った。

 中山義隆市長は「台湾との航路は途絶えていたが、ナッチャン・レラが末永い交流の懸け橋に」、市観光交流協会の高嶺良晴会長は「台湾からの修学旅行に弾みがつく」とそれぞれ期待した。

 祝賀会には安慶田光男副知事、川満栄長竹富町長、外間守吉与那国町長らも出席した。

 同船は同日午後1時ごろ花蓮港を出港し、同日午後6時すぎ、クルーズ船が出港するのを待って石垣港に入港した。15日は関係者を対象にした船内見学会を行う。出港は同日午後1時。

  • タグ: 花蓮港石垣港間ナッチャン・レラ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム