八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

花蓮ー石垣間に高速貨客船

14日に花蓮ー石垣間で運航する高速貨客船「ナッチャン・レラ」(あんしん提供)

14日に花蓮ー石垣間で運航する高速貨客船「ナッチャン・レラ」(あんしん提供)

日台の物流企業が運航

「ナッチャン・レラ」初便が14日に入港

 総合物流を展開するシンバネットワークの(株)あんしん(安里享英社長)と台湾物流大手の「華岡集団」(ワゴングループ)は14日、花蓮|石垣間で高速貨客船を初めて運航させる。同間を最短4時間で結ぶ。年内に10回のチャーター運航を行い、定期便化を目指す。クルーズ船とは違い、船内で寝泊まりができないため、八重山で宿泊するツアーの開発など新たな観光需要の創出につながる可能性がある。

 貨客船は、ワゴングループのユニ・ワゴンが所有する「ナッチャン・レラ」(1万712㌧、旅客定員774人)。旅客のほか、自動車など貨物も積める。現在は台湾内の花蓮-宜蘭間で週2回運航している。

 第1便は14日午後6時半ごろに石垣港に入港する予定。蕭美琴立法委員(国会議員)を代表とする経済交流視察団の経済関係者や旅行関係者ら約100人が来島し、地元と意見交換する。

 あんしんとワゴングループは昨年7月、戦略的パートナーシップを締結。中国や東南アジアの貨物を台湾に集め、沖縄を経由して本土に運ぶ新たな物流ルートの構築を目指している。

 今回の取り組みは、観光交流を促進するのが目的で、あんしんは「観光需要の創出、宿泊業、飲食業など裾野の広い観光産業の発展に貢献していきたい」としている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム