八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

本年度から自動車税率変更 昨年4月以降登録の軽など対象

2016年度から税率が改正される軽自動車=9日午後、730交差点近く

2016年度から税率が改正される軽自動車=9日午後、730交差点近く

最大2倍引き上げ 環境対応車に軽減措置も

 2016年度からバイクなどを含む軽自動車税の税率が変更される。50㏄以下の原付きバイクが1000円から2倍の2000円、その他の車種は平均して1.5倍の引き上げとなる。石垣市などは納税通知などを確認して納付してほしいと呼びかけている。

 今回の改正は、市町村の要望を受け低税率の徴税コストを改善するほか、排出ガスを低減する環境性能を有する車両の普及促進などが目的という。

 三輪・四輪の軽自動車は、昨年4月1日以降に新規登録を受けたものから新税率が適用され、自家用軽自動車が7200円から1万800円、自家用貨物車が4000円から5000円に引き上げられる。

 一方、昨年4月1日から今年3月末までに新規登録した車両のうち、排ガス低減など一定の環境性能を備える車両については75—25%の軽減が受けられる。

 このほか、新規登録から13年を経過した車両については、重課税率が適用され、自家用軽自動車で1万2900円、自家用軽貨物車で6000円となる。

 石垣市で対象となる軽自動車は3万1417台、このうち本年度に課税率が変更されるのは1万6112台。市税務課の試算では、税収は前年度の約1億4600万円から約1億8300万円に増える見通し。

  • タグ: 軽自動車税変更
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム