八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

チャレンジデー2016 石垣市対岩手県北上市

北上市の髙橋敏彦市長(テレビ画面左)とエールを交換する中山義隆市長=9日午前、庁議室

北上市の髙橋敏彦市長(テレビ画面左)とエールを交換する中山義隆市長=9日午前、庁議室

今年はどちらに軍配?

 両市長がエール交換

 

 15分間以上、運動やスポーツをした住民の参加率を競う5月25日のチャレンジデー2016(笹川スポーツ財団主催)に向け、中山義隆市長は9日午前、昨年に続き対戦する岩手県北上市の髙橋敏彦市長と「互いに運動する機会をつくろう」などエールを交換した。昨年は石垣市が47・5%、北上市が34・3%の住民参加率となり、石垣市に軍配。市は今回、50%以上を目標にしている。

 エール交換では両市役所内でインターネット電話サービスを使い、髙橋市長が「ことしは国体もあるので、リベンジしたい」と話すと、中山市長は「去年は、知っている者同士だったので市民が燃え、参加率が50%近くになった。ことしも負けないようにしたい」と応じた。

 市は当日、市のスポーツ施設を無料開放するほか、ラジオ体操、チャレンジ迷路、ナイター陸上競技会、ゲートボール大会などを予定している。

  • タグ: チャレンジデー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム