八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

創作料理ずらり 試食に長い列

ゴーヤを使った創作料理の試食コーナー。子どもたちも味見をしていた=8日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場

ゴーヤを使った創作料理の試食コーナー。子どもたちも味見をしていた=8日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場

ゆらてぃく市場 「ゴーヤーの日」フェアにぎわう

 「ゴーヤーの日」の5月8日、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場(本若展充店長)で、地元産ゴーヤのPRを目的としたゴーヤフェアが開催された。ゴーヤの格安販売、苗の無料配布、創作料理の試食に長い列ができるなどにぎわいをみせた。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターゴーヤー生産部会(東内原辰雄部会長)が約1200本のゴーヤを58円で販売したほか、八重山農林高校農業クラブ(嶺井千裕会長)が2鉢入りの苗300袋、八重山調理師会(川平展史会長)の会員が創作料理9品900食をそれぞれ無償で提供した。

 ゴーヤを使った料理は、けんちん射込み蒸し、プリン、白身魚のパイ包み、豆乳甘酒、ケーキなど工夫を凝らしたものばかり。訪れた人たちは一つ一つ味見をしながらレシピを聞いたりした。

 祖母の大浜京子さん(63)=新川真喜良=と訪れた大浜咲蘭(さら)さん(真喜良小6年)は「ゴーヤは苦くてあまり食べられなかったが、いろんな料理にアレンジされていておいしかった」と笑顔をみせ、京子さんも「初めて参加したが、とってもよかった。苗は庭に植える」と大喜び。

 愛知県一宮市から観光で来島中の加藤千恵子さん(47)は「今日帰るのでパインを買いに来たが、ゴーヤも買いました。ラッキーだった。地元産のゴーヤは新鮮だから本土で食べるのとは違い、苦みがやわらいでいておいしかった。来年もまたこの日に合わせて来ようかな」、母親のキクエさん(74)は「パイ包みや豆乳甘酒がとてもおいしかった。こんな幸せなことはない」と満足した様子だった。

地図
  • タグ: ゴーヤーの日やえやまゆらてぃく市場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム