八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

1400人が島揺らす 多彩なジャンル8組が出演

約1400人が詰め掛けた第19回鳩間島音楽祭=3日午後、野外ステージ

約1400人が詰め掛けた第19回鳩間島音楽祭=3日午後、野外ステージ

鳩間島音楽祭 熊本地震被災地にエールも

 【鳩間】第19回鳩間島音楽祭(同実行委員会主催)が3日、鳩間島コミュニティーセンター前の野外ステージで開催され、竹富町観光大使で父親が同島出身の夏川りみさんや、八重山民謡の第一人者・大工哲弘さんら8組が出演。人口約40人の島に郡内外から1400人(主催者発表)が訪れ、さまざまなジャンルのアーティストの演奏を楽しんだ。

 加治工勇実行委員長は「皆さんのおかげで19回目を迎えることができた。来年は20回の節目となるのでさらに盛り上げていきたい」とあいさつ。

 ステージでは、ナシルや吉川忠尋&忠男、BAGADA BAND、コモエスタ・イタとサンバカーニバル、鳩間小中学校児童生徒らも出演し、音楽祭を盛り上げた。

 フィナーレでは、音楽祭限定スペシャルバンドに夏川さんが加わり、「さよなら港」や「六調節」を来場者も一緒になって踊り、祭りを締めくくった。

 ステージの横断幕にはタイトルとともに「ガンバレ熊本 ガンバレ九州」とメッセージが記され、会場内には漁具の浮きで作った「くまモン」の置物や募金箱を設置。出演者らも歌声で被災地にエールを送った。

 会場には「カモそば」や、近海でとれた魚介類の海産物カレーなど島ならではの飲食ブースが並んだほか、熊本県の焼酎「白岳」や東日本大震災の被災地・東北名産の「笹かま」と「牛タン」などもあり支援を呼び掛けた。

 祭り終了後は、出演者や実行委員らが港でバンド演奏で訪れた人たちを見送った。

 同小4年の宮田來(くるす)君は「大勢の前で歌うのは緊張したが、楽しかった」と笑顔。13年ほど前に島に戻り、素泊まり宿を営んでいる米盛勝さん(85)は「自分が若いころより人口が減ったのは寂しいが、このようなイベントは地域に活気が出るので素晴らしい」と話した。

  • タグ: 鳩間島音楽祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム