八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

水難事故に注意を

29756.png

大型連休でマリンレジャー本格化

 大型連休が始まり、シュノーケリングやダイビングなど八重山のマリンレジャーも本格化している。八重山地区水難事故防止推進協議会のまとめによると、南ぬ島石垣空港開港後の2013年から15年までの3年間に起きた水難事故は、石垣市で18件(死者6人)、竹富町で12件(同10人)、与那国町3件(同2人)にのぼっており、マリンレジャーの安全性があらためて求められることになりそうだ。

 同協議会によると、死亡者の内訳はシュノーケリング中が8人、ダイビング中が3人、遊泳中が2人、その他が5人となっている。

 同協議会事務局の八重山署地域課の船道安広課長は「(犠牲者の)ほとんどが島外者。海のきれいさに気が緩むのか、自分は大丈夫という意識があるのでは」と話し、飲酒など遊泳前の体調管理の問題点も指摘する。

 親が目を離した隙に子どもが溺れるケースもあり、「しっかり監視してほしい」と呼び掛ける。

 船道課長は「(広報活動を)今やったから安心というわけではない。観光客は入れ替わり入ってくる。場所や方法を変えながら、継続して海の怖さを伝えていきたい」と話している。

  • タグ: シュノーケリングマリンレジャー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム