八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

友寄初V全国切符

全沖縄シニアオープンで優勝した友寄永盛=28日夜、あやぱにボウル

全沖縄シニアオープンで優勝した友寄永盛=28日夜、あやぱにボウル

レーンに冷静対応

 ボウリングの第49回全沖縄シニアオープン選手権大会(県ボウリング連盟主催)が24日、那覇市のスカイレーンで開催され、石垣市から出場したあやぱにクラブ所属の友寄永盛(57)がシニアの部(50~59歳)で初優勝を飾った。同大会では昨年優勝した山本恵に続いて八重山勢2連覇を達成した。優勝した友寄は6月24~26日に愛知県で行われる全国大会に出場する。

 大会には約50人が出場。予選6ゲームを行い上位4人が、決勝3ゲームを投げ合計9ゲームの得点を争った。

 予選を4位で通過した友寄は「優勝するとは思ってなかった。簡単には手に入らないもの」と驚きをみせるが、「この日は一日気持ちが落ち着いていた。レーンの読みがさえ、変化にも対応できた」と勝因を分析した。

 ボウリングを始めたのは49歳。6回目の挑戦でつかんだ栄冠に「全国ではどこまでいけるか楽しみ」と週2回のリーグ戦でさらに腕を磨く。

 ボウリングの魅力については「力だけではできない。回転、スピード、コントロールなどいろんな要素がかみ合う。いくつになってもできるスポーツ。ずっと楽しく続けていきたい」と笑顔をみせた。

 【シニアの部】

 〈9ゲーム合計〉

 ▽優勝=友寄永盛(2044点)▽準優勝=石川岩夫(2038点)▽3位=國場政春(1987点)

  • タグ: ボウリング
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム