八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

現職・新人3氏 動き加速 各地にのぼり 熱高まる

29722.png

県議選、告示まで1カ月 最大動員の集会も予定

 県議選(5月27日告示、6月5日投開票)は27日、告示まで残り1カ月となった。石垣市区(定数2)に立候補を予定している新人で元市職員の次呂久成崇氏(42)=社大、社民、共産推薦=、新人で前市議の前津究氏(44)=社大八重山支部推薦=、現職で自民公認の砂川利勝氏(52)の3陣営は「告示以降は毎日が投票日」と告示までの取り組みを重視しており、今後、前哨戦が活発化する。それぞれ告示前後に最大動員の集会を開き、勢いをつける考えだ。

 今選挙は革新系から2氏、保守系から1氏と2012年の前回選挙とは逆の構図。革新系の2氏が票を奪い合う格好となっている。市内各地には3氏の名前入りののぼりが立てられており、選挙間近の様相を呈している。

 次呂久氏は、高嶺善伸県議が後継者として推す。昨年10月から街頭に立ち、「あなたと一緒にはじめの一歩」「若さ・情熱・誠実」をPR。政党や労組から推薦を受けており、今後は組織力を生かした取り組みを展開したいところ。5月28日午後7時半から市民会館大ホールで総決起大会を行う。

 前津氏は、昨年の早い段階から水面下で動いており、地域をくまなく回るどぶ板選挙に徹している。政党推薦は社大八重山支部のみとなっているが、市議3期で培った人脈をフルに生かし、「経験と実績」「即戦力」をアピールしている。5月25日午後7時半から市民会館大ホールで総決起集会を開催する。

 現職の砂川氏は、1期4年の実績とともに「有言実行」「行動力」「実行力」を強調している。保守系から1人の予定候補者となっているため楽観論を警戒、引き締めを図っている。保守層の支持固めと票の掘り起こしに取り組んでおり、5月20日午後7時から市民会館大ホールで県政報告会を開く。

  • タグ: 県議選告示まで1カ月
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム