八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最優秀賞4作品が決定 素敵なお母さんの図画コン

小学校低学年の部の作品から入賞作品を選ぶ審査員ら=26日午後、本社会議室

小学校低学年の部の作品から入賞作品を選ぶ審査員ら=26日午後、本社会議室

 第24回素敵なお母さんの図画コンクール(八重山毎日新聞社主催)の審査が26日午後、本社会議室で行われ、入賞作品59点、入選作品387点が決まった。最優秀賞4作品には、日宇絃(ひう いと)さん(みやなが幼)、平良華恋(かれん)さん(八島小2年)、尾崎舞音(まお)さん(白保小3年)、野里慎(しん)さん(崎枝小6年)がそれぞれ選ばれた。

 他の入賞作品は5月上旬に本紙紙面で発表し、同7日午後2時から市民会館中ホールで表彰式を行う。

 今年は郡内の幼稚園と保育所合わせて27園・所から346点、小学校30校から1047点の合計1393点の応募があった。審査員は仲皿涼子さん(真喜良小教頭)、花城正憲さん(新川小教諭)、石垣俊子さん(元校長)、石垣静枝さん(同)が務めた。

 コンクールは5月第2日曜日の「母の日」にちなみ、大好きなお母さんの絵を描いてもらおうと毎年行っている。

 今回で3回目の審査となった花城教諭は「どの作品も一生懸命描いてあるので、選ぶのが心苦しい。(新学期直後の)この時期によく仕上げてきた」と感心していた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム